仙人池ヒュッテの掲示板

コメント: 36
  • #36

    うえひら (月曜日, 09 10月 2017 22:35)

    10月6日7時始発のケーブルに乗り、室堂を8時20分に出発して14時3分に仙人池ヒュッテに到着しました。税込み14,000円分のお菓子を持ち、平蔵谷の大岩のあたりまで夏道を歩き、二股から仙人池ヒュッテまでは小雨の中の歩行でしたが、今までで最も短い往路のコースタイムになりました。
    10月7日は雨でしたが、10月8日は晴天で、朝の仙人池からの裏剱と、池の平の池の紅葉(少しピークは過ぎていたかも)の撮影を満喫しました。
    10月9日は朝の仙人池からの裏剱を撮影してから6時35分に仙人池ヒュッテを出発し、剣沢のキャンプ場で弁当のおにぎりを食べ、室堂に12時29分に到着し、12時35分発の高原バスに乗車でき、美女平では直ぐにケーブルに乗れました。復路も今までで最短のコースタイムになりました。
    8日の夕食後はアラキ先生から湯飲み茶碗に白ワインを頂きました。アラキ先生はビールが売り切れだったことを残念がっていました。
    今年は8日の宿泊は早々と予約で満室になったため、電話で新規の予約は断っていました。8日の部屋は、普段男性スタッフ使っている部屋だったので、他の部屋がどれほど混雑していたかは分かりません。池の平小屋への道にも8日は予約者以外の宿泊はできませんという内容の看板がありました。
    水野さんも使っているニコンの新しいデジタル一眼レフカメラのD850を発売日に入手していましたが、まだ使い方を理解しておらず、標準ズームレンズとカメラ本体で重量が2kgを超え、レンズが嵩張るため、キャノンのカメラ(eos 5DsR)と35mmの大口径単焦点レンズの組み合わせを使用しました。
    今回も、日の出前に赤く染まる裏剱を撮影できなかったので、来年に期待したいと思います。

  • #35

    うえひら (火曜日, 03 10月 2017 00:43)

    9月29日午前7時始発の立山ケーブルに乗り、午前8時10分に室堂を出発して剣御前小舎の手前から剣沢雪渓を過ぎるあたりまで雨に降られ、午後2時59分に仙人池ヒュッテに到着しました。
    剣沢雪渓を降りる箇所は、この時期の例年通りの位置に変更になっており、前回には無かった赤い大きい旗が立っていました。
    仙人池ヒュッテでは見慣れた写真好きの常連客が揃っていました。仙人池の周辺の紅葉は見頃を迎えていました(ピークの少し手前かも知れません)が、池の平の平の池の周辺は一部が赤くなっている程度で、もうすぐ紅葉の見頃になると思います。
    9月30日と10月1日の朝の裏剱は、期待していた朝日が差す前に赤く染まる現象は起きませんでしたが、赤みのある朝日が頂上から順に当たっていったので、撮影しました。夕焼けはさっぱりでした。
    9月30日には、男性一人が仙人谷に滑落して死亡する事故があり、10月1日にも、ほぼ同じ箇所で2件の滑落事故が起きて、最も現場の近くで電話が通じる仙人池ヒュッテが関係部署と連絡を取り、警察が現場確認に来ました。
    下山する日の10月2日は曇り後雨の予報だったので、朝の撮影はあきらめて、5時46分頃に仙人池ヒュッテを出発し9時頃に雨具を着て12時40分に室堂に到着し、12時54分発の高原バスに乗りました。今秋2回目の今回は、1回目の前回より、行き帰りとも、1時間以上の時間短縮ができて満足です。小屋閉め前に3回目も予定していますが、昨年と同様に、3回目は2回目よりも時間短縮したいです。
    帰りの登りの剣沢雪渓では、夏道を歩いて下って来た団体の人に、ルートの指示を受け、平蔵谷の大岩の反対側の赤の大きな矢印が書いてある所から夏道を歩くことになりました。
    久しぶりに仙人池ヒュッテの弁当を注文し、立山駅の駐車場に着いてから車の中で食べましたが、美味しかったです。

  • #34

    うえひら (水曜日, 20 9月 2017)

    9月16日から9月19日まで仙人池ヒュッテで3泊4日過ごしました。
    室堂から仙人池ヒュッテまでの往復で、往路が約8時間、復路が約8時間半でした。
    復路の時間増は、仙人池ヒュッテで食べ過ぎたことと、道に迷ったことが原因です。
    正博さんは不在でしたが、往路と復路で正博さんに会いました。
    水平歩道は、9月16日の朝から通行可能になりました。
    三ノ沢は、真砂沢ロッジの玄関横のホワイトボードの手書きのルートマップの通り、沢の両側に雪渓が残っており、沢を渡る時に雪渓から降りるようなルートでした。
    剣沢雪渓の様子は、剣沢小屋に聞くと良いですが、爪が6本以上のアイゼンを持っているか尋ねられます。16日には無かったクレパスが、19日には雪渓を横切るようにできていました。
    16日の宿泊客は、私を入れて男3人、17日と18日の宿泊客は、台風の影響で、私1人だけでした。夜中の3時頃の台風の暴風は強烈で目が覚める程でしたが、幸い仙人池ヒュッテに被害はありませんでした。
    18日の夕方と19日の朝は天気が良かったので、夕焼けと朝焼けを期待したのですが、期待外れでした。
    仙人池の周囲では、一部だけ赤く色づいていました。池の平小屋の主人は、今年の紅葉は、あまり期待しない方が良いと言っていました。8月に霜が降りるほど寒い日があったのに、9月は、今のところ例年よりも暖かいそうです。

  • #33

    サワムラ (月曜日, 21 8月 2017 12:47)

    剣沢雪渓ですが、今年は雪が多く、巻くのは南向の滝のみです。
    真砂沢ロッジ下の3の沢雪渓も、まだたくさんの雪があり、ダム方面に向かわれる方はこの雪渓を横切って対岸へ渡って下さい。雪渓が落ちたら、真砂沢ロッジの坂本さんがすぐ橋をかけるそうです。8月15日現在の様子

  • #32

    サワムラ (月曜日, 21 8月 2017 12:31)

    今年は、スタッフも14日にやっと入っての営業だったそうです。(バタバタだったようです)今年から真砂沢ロッジの経営者が、前に御前小屋の支配人だった坂本さんになり、小屋も綺麗になりましたので、御利用下さい。また10月9日までの営業なので、仙人・池の平方面に向かわれる人には安心です。しかしこの夏は・・・夏山らしい夏がなかったな!

  • #31

    松原正典 (金曜日, 07 7月 2017 16:22)

    090-1632-9120に電話しましたが、繋がらなかったので、メールします。
    9/19(火)一人一泊予約したいのですが、空いてますか?
    080-4359-5965デス

  • #30

    うえひら (月曜日, 10 10月 2016 23:24)

    10月7日、晴れ、立山駅7時発のケーブルカーの切符を求める客が多く、切符の発売開始時刻が10分早まった。室堂を8時8分に出発して、仙人池ヒュッテに14時38分に到着した。正博さんには「来る度にコースタイムが短くなっている。」と言われた。これで4週連続金曜日に仙人池ヒュッテに到着することになった。
    前回は片方のレンズが付いていない眼鏡をかけて歩いたが、今回は眼鏡をかけずに歩いた。名神高速道路の黒丸PAで買ったりんごのパイがザックに入らなかったので、ザックの外にビニール袋を介して取り付けてザックカバーで覆った。
    10月7日の夕焼け雲をバックにした裏剱と、10月10日の朝日で少し赤く染まった裏剱を、水野さんと一緒に写真撮影した。10日の朝は天気の回復が遅れそうだったので裏剱を撮影せずに下山しようとしていると、晴れてきて、正博さんに「撮らないと後悔するよ」と言われ、水野さんが下山を遅らせて撮影を始めたので、私も撮影することにしたのだが、撮影して良かったと思う。
    この秋は、仙人池ヒュッテに4回に分けて合計11泊したが、週末の天候が悪かったせいで、宿泊をキャンセルした客が多く、11泊のうち9泊が一部屋独占になった。
    10月10日、晴れ時々曇り、仙人池ヒュッテを6時12分に出発し、剣沢小屋を少し下ったところで、二股の吊り橋を撤去するために入山したガッパさんと思われる人とすれ違い、室堂に12時44分に到着し、臨時の高原バスに12時55分頃に乗車し、美女平で13時50分発のケーフルカーに乗車し、14時には立山駅に到着していた。
    来年は、紅葉がきれいで、紅葉のピークが休日に重なり、しかも天候に恵まれ、元気に仙人池に行けることを期待する。

  • #29

    うえひら (日曜日, 02 10月 2016 23:42)

    9月30日、晴れ後曇り、室堂から6時間55分歩いて仙人池ヒュッテに15時5分に着き、10月2日、小雨後晴れ、仙人池ヒュッテから7時間50分歩いて室堂に着き、室堂発13時40分の高原バスには満員で乗れず、次のバスになり、雪の大谷の周辺で、救急車の患者を乗せたヘリコプターが飛び立つまで一時停止することがありましたが、14時50分には立山駅に到着しました。
    往路で真砂沢ロッジのマサシさんにペットボトルのコーラを頂きました。
    仙人池にいる時は、曇りまたは雨で、カメラを三脚にセットした10月1日は、八ツ峰が全部見えることがなく、写真撮影は少しだけになりました。仙人池ヒュッテに到着した9月30日は、曇り空であったものの八ツ峰が全部見えていたので、写真撮影しておけばよかったと後悔しました。
    仙人池ヒュッテの部屋にいる時に、眼鏡のレンズが片側無いことに気付き、仙人池ヒュッテ周辺では見付からず、帰り道でも見付からず、まさか、もしかしたら、と思っていた自分の車の中で、しかも運転席のシートの上で、外れたレンズを無事に見つけ、その外れたレンズをはめた眼鏡をかけて車を運転して家に帰りました。
    今回の2泊も、宿泊客が少なかったため、一部屋を独占できました。次の土日は宿泊予約客が多そうです。
    雑誌の山と渓谷10月号とPEAKS10月号に仙人池周辺が紹介されていると、仙人池ヒュッテのスタッフに教えてもらい、紹介されている記事を仙人池ヒュッテで見ました。

  • #28

    うえひら (月曜日, 26 9月 2016 23:23)

    9月23日、雨、室堂から8時間50分歩いて仙人池ヒュッテに着き、9月26日、曇り後雨、仙人池ヒュッテから8時間2分歩いて室堂に着き、室堂発13時40分の高原バスに間に合い、14時40分には立山駅に到着しました。
    仙人池ヒュッテのスタッフに新太さんと浜ちゃんが加わっていました。
    仙人池周辺と池の平周辺の紅葉は、これから色づきそうなのもあれば、既に枯れて茶色になっているものもあるという感じで、次の週末も天候次第で紅葉を楽しめるかなと思います。
    写真撮影で長期滞在していた水野さんは、これほど天候に恵まれなかったのは初めてと言って、25日にハシゴ谷経由で下山しました。
    真砂沢ロッジの営業は9月末までと、マサシさんが言っていました。
    今回は、仙人池ヒュッテの名物のカレーライスを食べることができ、いつもなら5杯食べるところを、今回は少し遠慮して4杯にしました。確か昨年は7杯食べたと思います。
    今年の秋は週末になると天気が悪くて、宿泊客が少なく(キャンセルが多く)、前回の3泊と今回の3泊を合わせて6泊のうちの5泊で、一部屋を独占できました。

  • #27

    シンタ (木曜日, 22 9月 2016 20:17)

    今年のみですが、仙人池にしばらくお世話になりますので、紅葉情報を流していきます。
    下記のブログにて投稿していきます。

    http://plaza.rakuten.co.jp/shintashitaka/

  • #26

    うえひら (火曜日, 20 9月 2016 00:43)

    9月16日、曇り、室堂から10時間20分歩いて仙人池ヒュッテに着き、9月19日、雨時々曇り、仙人池ヒュッテから9時間20分歩いて室堂に着きました。
    剣沢小屋から少し下ったところに、通行困難(通行は雪渓の状態を自己判断できる人のみにして下さい)の立て看板があります。
    剣沢雪渓は登り下りすることなく横断するだけで、雪渓の上を歩くのは10分も掛からないくらいですが、雪渓の切れ目を2回跨ぎました。
    室堂と剣沢の紅葉は、見頃になりつつあり、仙人池周辺と、池の平では、色づき始めています。
    仙人池ヒュッテの主人は、仙人池の紅葉の見頃が今週末ぐらいになりそうと言っていました。
    仙人池ヒュッテの宿泊は10月10日が最終日になりますが、二股の吊り橋は10月10日に撤去するそうです。

  • #25

    サワムラ (日曜日, 27 9月 2015 08:58)

    我々がゆっくり歩いたので、後から来るうえひらさんに抜かれる思ってましたが、道を間違えていたんですね。
    仙人谷ですが、巻き道をつけてもう通行出来るようになったそうです。
    また、真砂沢ロッジから仙人・池の平方面ですが、三の沢を渡らずに雪渓を横切り本流を横切り対岸の迂回路を通って下さい。そして下流の橋を渡って下さい。(9月24時点)  ただ、雪渓の状態は日々変化しますので真砂沢ロッジに確認して下さい。

  • #24

    うえひら (水曜日, 23 9月 2015 02:10)

    9月19日から仙人池ヒュッテに3泊しました。9月21日、22日は、日の出前の裏剱の朝焼けは、見られ無かったものの、徐々に裏剱の頂上から朝日に照らされていく様子に、約70名の宿泊客と他の山小屋から朝早くやって来た登山客は、満足している様子でした。仙人池の周りの紅葉は始まっており、小屋のスタッフによると、シルバーウィーク明けが紅葉のピークになるようです。池の平の池の周りの紅葉は、わずかに黄色くなった部分があるだけで、仙人池よりも遅れています。真砂沢ロッジから少し二股寄りにある三ノ沢は、雪渓の崩落の危険があるため、三ノ沢を渡らずに雪渓と仮設橋を利用して対岸に迂回するよう指示が出ており、この迂回ルートは道に迷い易いので、真砂沢ロッジ等の近くの山小屋で登山道情報を入手する方が、賢明です。二股の吊り橋の撤去は、今のところ、12日の午後あたりを予定しているようですが、天候により前後する可能性もあります。帰り道で、仙人池ヒュッテから室堂に戻るつもりが、三ノ沢の迂回ルートで真砂沢ロッジに行く道を見逃して、黒四ダムまで行ってしまいましたが、立山駅行き最終接続の黒部湖16:00発の黒部ケーブルカーに間に合いました。室堂に着くと、美女平行きの高原バスの順番待ちの行列が、室堂バスターミナルの建物の外にはみ出しそうになるほど長くなっており、立山駅到着が19時過ぎになりました。

  • #23

    ヤスハラ 、 シバタ (木曜日, 03 9月 2015 15:11)

    2015年7月22日(水)に5年ぶりにお世話になりました。楽しいお話と「イカスミ塩辛」で沢山お酒が進んでしまいました~。泊り客が私たちだけだったので、昼頃から周りの景色を堪能しながら、ゆっくりと「劔岳」の疲れを癒させていただきました。また翌日は、前夜からの雨で、朝から相談させていただきましたが、おかげで「室堂」まで早く到着することができ、自宅で夕食をとることができました。いろいろお気遣い感謝申し上げます。ありがとうございました。遠くならないうちにまたお邪魔させていただきます。(新潟県 妙高市)

  • #22

    スギウラ (木曜日, 27 11月 2014 17:41)

    やはり40年前仙人池ヒュッテに泊まりました 帰りは水平道から欅平に降りたと記憶しております 同行者がブリッジに落ち腕を骨折しました(後でわかりました)途中事情を話し 中部電力のトンネルの軌道にけが人二人を乗せてもらい 私たちは歩きで欅平についたと記憶しています 厳しい下りでしたが 一生の想い出です ヒュッテのお母さんは引退されたのでしょうか 何年か前にテレビでお見かけしていたのですが 今でも大切な想い出です。

  • #21

    オクノ (水曜日, 12 11月 2014 10:38)

    サワムラ様
    ご教示ありがとうございました。
    今年の10/9~11に個人山行で下ノ廊下を歩いたあと、会の報告書に「40年前、剱の帰りに仙人池ヒュッテから、今で言う、雲切り新道を下り仙人ダムから旧日電歩道に合流し欅平まで歩いたことがある。」と軽率にも誤った記載をしてしまいました。私も、BS-TBSの「日本の名峰・絶景探訪」を観ていて、雲切り新道が、ご指摘のように2006年頃にチーム阿曽原の方々が苦心して造られた登山道だと知ることができました。早速調べたところ、2008年版 山と高原地図には仙人谷の北側に”廃道”の赤表示と細実線を確認することができましたが、確証は無く、”仙人池ヒュッテの掲示板”を拝借してサワムラ様にご教示いただくことができました。早速、会には訂正文を掲載するつもりでいます。

  • #20

    サワムラ (水曜日, 12 11月 2014 08:13)

    現在の雲切り新道は、2006年頃(詳細は阿曽原小屋のHPに記載があります)チーム阿曽原が作ったようで、それまでは言われています沢沿いの登山道です。雲切り新道ですが、前の沢沿いの登山道よりも時間で2時間は掛かります(下りで)。

  • #19

    オクノ (火曜日, 11 11月 2014 18:37)

    40年前に宿泊した者です。当時欅平に下山するルートは、現在の雲切り新道では無く、既に廃道になっている仙人温泉から仙人谷の北を下る登山道だったのでしょうか?

  • #18

    サワムラ (月曜日, 10 11月 2014 08:38)

    BS-TBSの「日本の名峰・絶景探訪」を期待して見ましたが、泉さんはずいぶん出ていたのに、マー君は受付でチラッと顔と声が出たのと最後に見送りでM女子と後姿のみだったのは、残念です。でもちょっとおそかれし紅葉の絵は良かったです。(写真やビデオに写りたくない、Mさんが写っていてちょっとビックリしました)。あと、うえひらさんも小さく写ってませんでしたか??

  • #17

    うえひら (金曜日, 24 10月 2014 00:40)

    今年は、有給休暇と代休を紅葉シーズンに集中させて、仙人池周辺の紅葉がピークを迎えた9月27日(土)から30日(月)までの2泊3日、紅葉をまだ楽しめる10月1日(水)から5日(日)までの4泊5日、立山が初冠雪した10月7日(火)から二股の吊橋が撤去される12日(日)までの5泊6日を、仙人池ヒュッテで、紅葉、朝焼け、夕焼け、月明かり裏剱の写真を撮りながら、また、美味しい食事を充分に頂いて、のんびり過ごしました。
    BS-TBSの「日本の名峰・絶景探訪」(11月8日(土)夜9時から放送予定)のロケ隊も宿泊して、仙人池ヒュッテ周辺を撮影していました。石原プロの池田努さん達が、夕方と朝に、仙人池から裏剱を見た感想を述べていて、池田努さんが夕方の裏剱の絵を巧く描いていて、カメラを付けたラジコンヘリを仙人池で飛ばしていました。仙人池ヒュッテのスタッフがお見送りしている様子も撮影していました。

  • #16

    トモサン (日曜日, 28 9月 2014 10:43)

    29日に泊まる予定で、30日の朝の紅葉の池に写る逆さ八つ峰を見たかったのですが、天気予報は曇り降水確率40%なので、中止して来年再度計画します。来年お会いしましょう。

  • #15

    サワムラ (火曜日, 23 9月 2014 18:54)

    すっかり忘れてました・二股の橋ですが、正博君聞いたら10月13日の午後に落とすそうです。(天候により変わる変わるので注意)
    ちなみに仙人池ヒュッテは12日の宿泊迄で15日に下山だそうです。

  • #14

    サワムラ (火曜日, 23 9月 2014 18:44)

    8月は雨続きでしたが、9月は1日雨の日が1日位だそうで、仙人の水場も
    渇水状態で、水揚げが1日では終わらないそうです。この天気続きで連休は表(御前、剣沢)の小屋は満杯だったそうで、剣岳の縦ばえでは、1時間以上待たされたとか!! でも裏剣は静かでした。連休は朝から八つ峰がくっきりと見栄、風がなければ池に逆さ八つ峰もくっきり見えてました。台風が過ぎるとまた寒くなるので、行かれる方はしっかりと防寒対策をして行って下さい。

  • #13

    サワムラ (火曜日, 23 9月 2014 12:21)

    飛び石連休に行ってきました。今年の紅葉ですが、早まりそうな感じでしたが、この飛び石連休中暖かかったので紅葉は余り進んでません。たぶん、28日~5日には仙人池周辺は最盛期を迎えると思います。この時期には珍しく予約も少ないそうで、ゆっくりくつろげると思いますので計画されてない方は是非計画して下さい。なお、雪渓の状況ですが、安定しており、夏の様な感じですので、軽アイゼンがあれば大丈夫です。

  • #12

    サワムラ (月曜日, 01 9月 2014 08:27)

    8月も終わり、小屋締めまであと1月ちょっとだったので、昨日、小屋に電話を入れて営業終了日を確認したら、10月12日の泊まり迄(13日朝迄)の営業だそうです。今夏は雨でたたられたので、秋はきっと晴れ間が多いことを期待して出かけますので宜しく。

  • #11

    山本 (月曜日, 18 8月 2014 11:24)

    8/13にお世話になりました長崎の山本です。
    無事に下山しました。
    とても良い山旅ができました。
    これからもよろしくお願いします。

  • #10

    トモサン (水曜日, 19 3月 2014 23:05)

    10月にお邪魔予定です。紅葉シーズンは、日曜日か平日ですが相当混みますか?テント泊も考えましたが裏剣のビューポイント仙人池ヒュッテから朝の裏剣を見るのが目的です。今から入山口や入山口までのルート、交通手段をいろいろ考えています。(楽しい!)神奈川県からです。

  • #9

    たかちゃんーd (火曜日, 08 10月 2013 19:08)

    どなたか、仙人池ヒュッテでの最新の紅葉情報を発信してくれると嬉しく思います(-_-;)
    今週末の三連休に行く予定です。

    よろしくです(^-^)/。

  • #8

    サワムラ (水曜日, 25 9月 2013 20:45)

    先週仙人まで行ってきました。紅葉にはまだ早いですが、このまま台風など強風が
    無ければ来週末からは良い紅葉が見られそうです。また剣沢雪渓も今年は雪が豊富で大雨させ無ければ夏の様に雪渓を下れるので楽です。(但し、冷え込みもあるので6本爪位のアイゼンは必要です。)秋の日の入りは早いので早出早着きを心がけましょう。また真砂沢ロッジは営業終了してますので注意して下さい。紅葉の裏剣を見に御出で下さい。

  • #7

    サワムラ (火曜日, 17 9月 2013 21:29)

    HPの更新が中々進みませんね!まあヒュッテ裏の南仙人山迄PCを持って行かないと電波が入らないの仕方ないですね!! これからは日に日に紅葉が進むので情報が欲しいですが・・・・まあ、ハマちゃんのブログ(2012年の山の日記-浜ちゃん流)でチェックします。

  • #6

    ヨシノ (火曜日, 13 8月 2013 13:47)

    8月9,10日とお世話になりました。宿泊が6人、10人と空いていたので当方にとっては大変楽でした。仙人新道の草刈りをして頂いた後で、いつもであれば”露払い”で下半身水浸し(?)状態ですが、全くぬれずに歩けました。また今年は剱沢雪渓も連続しており登り・降りのいずれも快適でした。数年前にも一度目測で測ってみたことがありますが、今年も7月と比べると、雪渓自体は1日に約10cm溶けて雪面が下がっているのですね。あれだけ広大な面積の所が全体に下がっていくとは!正博さん、脇さん、浜ちゃん、ありがとうございました。あのブログのトマトが口に入ったかと思うとよりうまさを感じました。また秋に伺いたいと思います。
    吉野

  • #5

    モリ (木曜日, 01 8月 2013 02:01)

    7月27、28日に大変お世話になりました。
    29日に剱澤小屋で1泊し、室堂に下山しました。
    ご厚意に感謝申し上げます。
    ありがとうございました。

  • #4

    クミコ (土曜日, 27 7月 2013 15:14)

    マサヒロさん、頑張っていますね。食堂からの山の写真、涼しさを運んでくれました。ほかの方のコメントにA先生とありましたが、左側の男性は「荒木先生」ですか?(知っていると思いますが、私が高校生の時の数学の先生)
    お天気に恵まれて、お客さんがたくさん来てくれるよう願ってますね。夫の世話があるのでお手伝いには行けません。

  • #3

    サワムラ (日曜日, 07 7月 2013 18:25)

    カモシカなら納得です。どこも梅雨の少雨のせいか残雪が多く残っているようですね。言われる様に情報収集して向かわないと行けませんね。私も何とか7月に顔を出したいとは思いますが・・・・行けるかな??       確実なのは、8月3日以降には伺いますので、またのんびりさせて下さい。
    それでは・・・

  • #2

    まさひろ (土曜日, 06 7月 2013 04:02)

    剣沢で死んでいるのは、カモシカだったような気がします。
    おらも、詳しくはわかりませんが、情報は正しく正確にということで。

  • #1

    サワムラ (木曜日, 27 6月 2013 20:45)

    後数日で、7月なので、小屋開けの準備でテンテコマイのようですね。
    (いつへりで入るの?)どこの小屋も同じ状態のようですね。まあ体調に気をつけて頑張ってね(言われなく頑張ってますよと言われそうですが・・・)今回は御前小屋のHPを見たら、ニホン鹿が剣沢雪渓で死んでいるという記事を見て早速書き込みます。確か昨年、ニホン鹿の生態云々のパンフをマ-クンの所で見ましたが、南アルプスなど違った山域かと思ってましたが・・・まさかって思ってます。今年剣沢経由で行く際は、鹿がいないか注意しながら行こうと思います。それでは、今年も小屋でお会いしましょう!!

ご予約・お問い合せ

電話にてご連絡お願いします。  

シーズン中

090-1632-9120

 

オフシーズン

090-7080-3218